2017/11/11 14:59:11 |

これから貴金属を買取してもらおうと思っている人にとって気になるのがどういう貴金属なら
高値で買取してもらえるかという事です。

 

確かに貴金属の買取はより価値が高い貴金属を買取してもらうのが良いです。
ですが貴金属の買取でも必ずしも貴金属の素材が高くなくても良い場合があります。

 

それは人気があるブランド品の場合です。その場合は必ずしも貴金属としての価値が高くなくても高値で買取してもらえるチャンスがあります。

 

例えば一般的には価値が低いシルバーの買取の場合でもそれが人気があるブランドの
シルバーなら十分高値で買取してもらえます。

 

ですが、それも全くのノーブランドのシルバーならいくらにもならないです。
ですから同じシルバーの貴金属の買取でもそれが人気ブランドのシルバーかどうかでも
全く違ってきます。

 

そしてブランドと関係なく高値で買取してもらえる貴金属として有名なのは金です。
金なら鉱物資源としての価値が高いので高値になります。

 

なので貴金属の買取をしてもらう時に気にすべきは金以外の貴金属を買い取ってもらう時です。金以外の貴金属を買取してもらおうと思った時は金ほど高い人気もなければ需要もないです。

 

ですから、ただのシルバーアクセサリーを買い取ってもらおうと思った時は高値で買い取ってもらうのは難しいです。ですが、それも人気のシルバーアクセサリーなら需要はあるのでそこそこの買取金額になります。

 

なのでシルバー等を買取してもらおうと思った時はそれがブランド品かどうかを確かめて
から買取に出した方が良いです。

 

◆貴金属買取関連サイト
貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!
貴金属買取で損をしない方法とは?

2017/11/09 14:37:09 |

これから貴金属を買取してもらおうと思っている人の中にはすぐにその貴金属を買取店に持って行って買い取ってもらおうとする人が多いです。

 

ですが実際はそういう人も買い取ってもらう前にしっかりその貴金属の買取相場を知った上で
買取してもらうのが良いです。

 

その理由は簡単で事前にその貴金属の買取相場を知っておく事で買取の際に安すぎる金額で買取される事を回避できるからです。

 

ですが、全く買取相場を調べずに買取に出してしまうとどれくらいの金額で買取してもらえるか分からずに買取してもらう事になります。

 

そうなると自分では全くいくらで買取してもらえるか見当もつかないです。
それだと買取店によっては不当に低い金額を付けて買取しようとした場合に
こちらがそれに気づかない事があります。

 

それで本来ならもっと高値で買い取ってもらえたはずの貴金属が相場よりも安い金額で
買取してもらう事になりかねないです。

 

それではせっかくもっと高く買い取ってもらえたはずが損をしてしまう事になるので
貴金属を買取してもらおうと思った時はまずはネットでその貴金属がどれくらいの金額で買い取っているかを調べるのが良いです。

 

それで大体の買取相場が分かった上で買い取ってもらえば少なくとも相場よりも安い金額で
その貴金属を買取してもらうのは避ける事ができます。

 

なのでいきなり貴金属を買取してもらおうと思わずにその貴金属の大体の価値を調べてから
買取に出すのが良いです。

2017/11/08 16:40:08 |

貴金属の中でも、ゴールドはよく取引の為に活用されています。人によっては、それで先物取引を行っている事もあるのです。もちろんそのゴールドが使われたアクセサリーなどをお持ちの方々も多いです。
ところで金という貴金属は、ここ数年で価格が大きく高まっている事だけは間違いありません。少なくともここ10年間の価格の動きを見る限りでは、ほぼ堅調な状況だからです。
例えば1グラムあたり金の価格は、去年などは4,600円台半ばを記録しています。その数字は、以前と比べれば間違いなく高いです。
と言うのも10年前などは、その貴金属は1グラムあたり3,000円台前半になっていたのです。それで数年間かけて、6年前などはかなり高い数字を記録しています。当時は4,700円台になっていたからです。
その後に様々な事情があり、3年ほど前には貴金属の価値は若干下がっています。4,700円台半ばを記録しているのですが、ここ5年間の状況を見る限りでは、一番低い数字だからです。
しかしその後は、価格は順調に推移しています。2年前などは5,000円近くになってきますし、昨年は若干下がったものの、上記のような数字になっているからです。
このような推移の状況ですから、先物としての金は、ここ数年では上昇傾向にある事は間違いありません。ちなみに今後もその価格が上昇し続けるか否かは、現時点では不明です。
もしも貴金属の買取り手続きなどを検討しているなら、上記のような価格推移の状況には、アンテナを張っておく方が良いでしょう。上記の推移の数字は、買取り価格にも大いに関わってくるからです。

2017/11/06 15:44:06 |

この世界には高い価値を持ったアイテムが存在しています。そういうアイテムが取引されてきた歴史は非常に古いものです。例えば貴金属も古代から取引が続いていて凄いと感じます。貴金属は非常に豊富な形をしているので、人々が愛用するアクセサリーにも応用されています。
実際に貴金属は今でも高いので価値があることが分かります。これの価値が下がる時は殆どないと思っています。なぜなら貴金属は見るだけで価値が高いと分かるためです。
恐らく見た目の判断でこういうアイテムは価値が下がらないのです。つまり誰が見ても貴金属には金銭的な価値があると感じるのです。実際の貴金属のアクセサリーは見た目が綺麗で物欲を刺激します。

 

今では世界各地で貴金属の巨大なマーケットが広がっています。ここでは常に凄い金額の取引が続いています。そして一般人たちもお金を出せば高価な貴金属を買うことができます。
人々が求める宝石類は常に美しい状態を保っています。それを維持するためにも個人での努力が必要です。また貴金属は美しいだけ価値も上がるので面白い部分です。

 

一時的な流行はなくなる可能性があるので危険です。しかし昔から信用されてきた貴金属は安全なものです。そして常に高値で売れるので持っていると生活のためになります。
今は貴金属の価値も安定しているので、プロによる独自の判断は必要ないです。例えばオークションなどで個人がこれらを売ることもできます。また貴金属類は直に売れるので分かりやすい品物となっています。

2017/11/05 15:05:05 |

先日、祖母の遺品の貴金属を売りに行こうとした時のこと。
私は貴金属に対しての知識がほとんどなく、全ての貴金属を本物だと考えておりました。
量にして数十個もあった貴金属をみていったいどの位の金額になるのだろうと
非常にわくわくしておりました。

 

実際に買取業者に家にある半分を持っていき、査定してもらった金額が20000円位でした。
たくさん持って行った貴金属の山がたった20000円にしかならなかったことが
非常に驚きでした。
そこで理由を聞くと本物はほとんどなく大多数がメッキであるとのことでした。
素人からすれば見分けのつく方法をしらなかったので、2つの方法を教えてもらいました。

 

1.刻印が施されているかどうか
2.磁石に反応するかしないか(刻印がなかった場合)

 

この2つを調べるだけでも本物だと判断できる可能性は上がると言われました。
早速家に帰り残りの半分を調べました。
確かに刻印がついているのはほとんどなし、そこで磁石を使うと
多くの金属が反応してました。
反応するということは金ではなくメッキであるので
みるみるうちに査定に持っていける貴金属は減っていきました。

 

実際に次の休みの日に自分で判別した品を20点(刻印有は4点)ほど持っていきました。
刻印がある物はすべて買い取ってもらえた一方で、
刻印の無いものは1つしか本物じゃなかったとのこと。

 

教えてもらった方法を駆使しても本物ばかりということにはならなかったです。
ただ磁石に反応するかしないかで8割近くの偽物を見分けることができたので
貴金属買取に関して全く知識がない人は磁石を用意するだけでも
過剰な期待をしなくて済むのでお試しください。